バイクの鍵をマンションのドアの鍵穴に入れて回したら折れた!

バイク、といっても原付スクーターなのですが、この前バイクの鍵をマンションのドアの鍵穴に入れ、そのまま気付かずに回して折ってしまいました。一日の仕事を終えて最寄駅から原付で家まで帰宅し、コンビニで食べ物とお酒を買って疲れ切った表情で帰宅した僕は、何も考えずボーっとしたまま鍵穴に鍵を挿し込みました。全く差し込めないとかであればよかったのに、これが意外とすんなり入ってしまったのです。もちろん長さも形状も合いませんから、根元まで全部挿し込めたわけではなかったのですが。せめてこの時点で気付けばまだなんとかなったのに、僕は前述の通り、疲れていて何も考えていませんでした。そのままグイッと鍵を回してそのままバキッ。折れて初めて気が付きました。「これはバイクの鍵じゃんか…」と。そして、折れた片割れは鍵穴に挿さったまま。正しい家の鍵を挿し込むことすらできない状況を作り上げてしまったわけです。

さぁどうするかという話になるのですが意外となんとかなるもので、お隣さんにペンチを借りてそれで片割れを引き抜き、正しい鍵を挿し込んで家のドアは開けることができました。引き抜く際に鍵穴を変に傷付けてしまわないかが心配でしたが、それは大丈夫だったようです。折れた原付の鍵はもうどうしようもないのでそのまま破棄。購入時にもう一本渡されていた鍵があるので、原付にも乗ることは問題なくできます。ただ、このもう一本を紛失したり折ってしまったりは流石にまずいので、結局鍵屋でスペアを作ってもらう必要があるんですけどね。
いつものクセや流れで行動するのは人間にとって普通のことですし、毎日同じことをしていると、どうしても確認などを怠ってしまいがちです。それが引き起こしたこのちょっとした事件をしっかり教訓にして、疲れていてもちゃんと鍵は確認するようになりました。