電子ロックシステムは最新の鍵のスタイル

電子ロックシステムというのは、電気的に遠隔操作で施錠したり解錠したりすることのできる錠前になります。従って、従来のように鍵を錠前に差し込んで扉を開け閉めするということも必要ないのです。そうした点において、電子ロックシステムは最新の鍵のスタイルといえるのかもしれませんね。

例えば、お年寄りのいらっしゃるお家の場合には、施錠の際に玄関までわざわざ行かなくてもリビングなどから、鍵の開け閉めが可能になります。また、外からドアを開ける場合には、通常であれば鍵が必要になります。ところが電子ロックシステムの場合には、鍵を忘れたとしても各種認証システムを利用することができます。それには、暗証番号を入力するテンキータイプ・非接触ICカード・リモコン電気錠・指紋認証タイプなど幅広い認証システムを採用しています。その他、火災などの非常事態の際には、一斉解錠されたり、停電時においてもバッテリーで稼動したりすることも可能になっています。さらに電子ロックシステムの場合には、鍵の閉め忘れという問題がなくなります。要するに、自動施錠システムになっているために、出かける際には鍵を掛けなくても、自動で鍵が掛かる仕組みになっています。

一方入室する際には、例えカードリモコンを紛失しても登録を抹消したり、新規登録をすること可能であり、従来のように錠前を交換する必要もないのです。従って、今後は空き巣のピッキングによる不正解錠や鍵の紛失というミスも心配要らなくなるといえるでしょうね。